最近読んだ本「ノルウェイの森」

村上春樹

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」 → 「1Q84」 → 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 → 「ノルウェイの森」

という順番でやってきました。

世界的に有名な作品であることは知っていましたが、読むのは今回が初です。

ノルウェイの森-村上春樹

何度も読み返してみて、長い時間を掛けて理解、味わうべき長編小説だと感じました。

従って、まだ一回しか読んでいない未熟な私に、書評なんて偉そうなことを書けるわけがありません!

上巻第一章の最後の文章

「そう考えると僕はたまらなく哀しい。何故なら直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ。」

物語を読み終えた後に、これがとても気にかかりました。

少し時間をおいてまたこの小説に戻ってくるということで、今回のなんちゃって "書評" は終わり。

 
comments powered by Disqus