独習レザークラフト

不器用だけど

以前より興味のあったレザークラフト。切ったり縫ったりしたのは、エプロンを作った中学の家庭科の授業まで遡ります。そんな全くの初心者ですが、挑戦してみることにしました。

レザークラフト技法事典―クラフト学園虎の巻
レザークラフト技法辞典〈2〉クラフト学園龍の巻
切って使える実物大型紙付き いちばんよくわかる はじめての革手縫い

きっかけ

  • 小物好き。
  • 毎日使う小物類と、それらを収納する鞄にこだわりがある。
  • HERZ の本店に去年行ったとき、こういう作品を自分でも作ることができたらいいなぁと思いました。 Why not?
  • 自分の手で作成した自分好みの革小物を毎日使えたら最高。

といった感じです。

さて、どこから始めよう?

まずは、レザークラフトのコースを調べてみました。

同じ興味を共有する仲間たちと出会え、お互い刺激しあいながら上達できるコースはいいですよね!でも、やはりコース料が高いです。しかも、1 日や 2 日だけのコースしか見つかりませんでした。

最低限の技術も持たない自分が参加したとしても、指を切って終わってしまうに違いありません。コースは経験を積んでから再検討ということで、「写真が豊富で分かりやすい」を条件に初心者向けの本を探しました。

検索結果

残念ながら本の中身を見ることはできませんでしたが、他の初心者の皆さんの感想を参考にして以下の 3 冊をアマゾンで購入しました:

海外発送なので結構な手数料が発生しましたが、コース料と比べたらまぁ安いものです。

注文した本が届くまでまだ時間が掛かりそうなので、今は YouTube で勉強中。

記念すべき第 1 作目は何になるだろうか?

参考サイト

 
comments powered by Disqus