赤信号

赤信号で横断歩道を渡っては絶対にダメ。

耳にタコができるくらい子供の頃からそう言われてきます。その効果は抜群なようで、日本で信号無視をする歩行者の数は僕の経験からすると少ないように感じます。

このあたりに関するイギリスの教育はどうだか正直分かりませんが、 1 つ確実に言えることがあります。それは、子供や若者に限らず、おじいちゃんやおばあちゃんも含めたほとんどの歩行者が、安全だと判断すれば信号無視をするのがイギリスでは当たり前ということです。

日本では

変わらぬなら

青まで待とう

赤信号

であるのに対し、イギリスでは

変わらぬなら

渡ってしまおう

赤信号

なのです。つまり、日本が辛抱強く待つ徳川家康であるのに対し、イギリスは強引な織田信長というわけです。この例え自体が強引でしたが、まぁそんな感じです。

同じ島国の両国には、こんなところに国民性の違いを発見することができるんですね。

イギリス生活にまだ慣れていない頃は、赤信号で渡ってしまうことに抵抗があるかもしれません。他の歩行者がやっているからって、そんな流れに乗りたくないかもしれません。

でも、一回やってしまうと結構すっきりするもんです。

まさに、尾崎豊さんの「この支配からの卒業」とでも言いましょうか。

だた、注意しなければならないことがあります。それは、自信のない方は自分の力量にあった横断歩道で信号無視を遂行することです。慣れないうちから大きなところや、車通りが激しくイギリス人でも信号無視しないところでやっても痛い目にあうだけです。僕は責任とれません。

慣れてしまうと、車通りの少ない時間や場所に点滅している赤信号なんて所詮青信号みたいなものです。

 
comments powered by Disqus